妊娠中や妊活中の女性が積極的に摂取したい妊婦サプリの正しい知識を学んでいきましょう。

厚生労働省が推奨するサプリ

厚生労働省の推奨する葉酸のサプリであれば、安心して摂取できます。その内容とは、一日400μgの合成葉酸をサプリで摂取するというものです。合成葉酸の方が天然葉酸よりも吸収力が高いことがわかっています。

摂取したいサプリの成分

葉酸

妊婦サプリの代表格ともいえる栄養素の一つに、葉酸が挙げられます。葉酸は、胎児の脳や神経系の成長に必要な栄養素で、妊娠前から積極的に摂取していきたいものです。サプリであれば効率よく摂取できるため、妊活中や妊娠中の多くの女性が飲んでいます。

カルシウム

カルシウムは、丈夫な骨や歯をつくるために必要な栄養素です。カルシウムが不足すると、母体にも影響が出てしまいます。産後に骨密度が低下したり、歯がボロボロになってしまうケースもあるため、継続的に摂取していきましょう。

鉄分

妊娠中は鉄欠乏性貧血になりやすいといわれています。胎児へ鉄分がどんどん送られるため、妊娠中は通常よりも鉄分を意識して摂取することが必要になります。サプリメントでは40mgを上限として摂っていきます。

妊娠中のビタミン摂取について

ビタミンAの過剰摂取に注意と聞いたのですが…

妊娠初期から三ヶ月までにビタミンAを過剰摂取すると、胎児の奇形リスクが高まるといわれています。妊婦は一日2000IUが必要量で、5000IUが上限となっています。

ビタミンDを摂取するときの注意点はありますか?

ビタミンDも大切な栄養素となりますが、過剰摂取は避けましょう。胎児の歯牙形成に影響が出たり、母体の腎機能障害や、高カルシウム血症などのリスクが高まります。

ビタミンCはどれくらい必要ですか?

免疫力を向上したり、鉄分の吸収をサポートするなど、さまざまな働きが期待できるビタミンCはとても重要な栄養素です。鉄分を摂取するときに併せて摂るとよいでしょう。1日110mgが目安となります。

つわりにはビタミンB6が効くのですか?

ビタミンB6は、つわりの緩和や予防効果を期待することができる栄養素です。1日の上限は45mgとなります。過剰摂取は神経障害を引き起こす原因ともなるため、用量を守って摂取していきましょう。

ビタミンKの作用は?

骨粗しょう症治療にも効果的なビタミンKですが、妊娠中は一日150μgを目安に摂取していきましょう。摂取量の上限は設けられていませんが、妊娠末期の過剰摂取には注意が必要です。大量に摂ることで赤ちゃんの黄疸の原因となる場合があります。

妊活するなら葉酸サプリを飲もう!
赤ちゃんに優しい商品を特集☆<PR>
京都で受ける不妊治療☆
リーズナブルな料金。質の高い治療に注目!【PR】
妊婦さんに必要な栄養素をギュギュっと濃縮
優良サプリを生活に取り入れて健康な赤ちゃんを出産しよう。

妊婦が推薦するサプリの特徴を紹介!

添加物をチェック

添加物の有無は絶対にチェックしています。香料や人工甘味料などがないできるだけシンプルで安全性の高いサプリがおすすめです。また、高いクオリティーの証でもあるGMP準拠工場で製造されているかも大事なポイントです。

安心の国内製造

産婦人科のドクターが企画開発に関わっていて、国内で製造しているサプリを活用しています。ドリンクタイプのサプリで、飲みやすく続けやすいです。不妊治療中ですが、サプリを飲んで体質改善を目指しています。

定期コースで手間いらず

葉酸とさまざまな栄養素がセットになっているサプリを愛用しています。口コミ評価も高く信頼できるメーカーですが、費用は少し高めなのがネックです。しかし、通販の定期コースに申し込むことで、割り引き価格で利用できています。

美容効果もある

天然ビタミンやカルシウムが配合されている葉酸サプリを選んで飲んでいたら、思いがけず美肌対策もできました。ミネラル豊富なサプリで、お肌の調子が良くなったのですが、鉄分が少なめだったので、鉄分だけ別のサプリを飲んでいました。

ドラッグストアで購入

妊婦が摂るべきサプリの種類がたくさんあって迷っていました。そこで、産婦人科の担当医に相談してドラッグストアでも購入できるおすすめのサプリを幾つか紹介してもらい、それを飲んでいます。費用もリーズナブルで助かっています。

広告募集中